2016年2月4日木曜日

KOBE

今年は年始からあまりいいニュースがない気がします。


SMAP

ベッキー

甘利大臣

清原

狩野英孝の三角関係





全くふざけた話が多すぎる気がします。


さらにミサイルも飛んできそうですし、シリアも全然ダメ。


悪いニュースを繰り返し見るのは、精神衛生上とてもよくないことだそうです。


清原なんて顔も見たくないのに、テレビをつけるとずっと出てきます。


何かいいニュースはないのでしょうか。


そんな中で、昨日は私の大好きなバスケット選手
コービー・ブライアントが38点も入れてくれました。

--------------------------------

コービー・ブライアントは私より一つ年下の37歳の、バスケット界のスーパースターです。


コービーという名前はお父さんが神戸牛が好きだったことからKOBE(コービー)と名付けました。


現役20年目。


引退宣言を今年して、今NBAはコービーさよならツアーと化しています。


コービーはバスケットの神様と言われたマイケル・ジョーダンが大好き。


大好きで大好きで大好きすぎて、NBAに入ったころはジョーダンの全てをマネしていました。


シュートの仕方や歩き方、話し方、仕草、何もかも。


ファンも多かったのですが、コービー嫌いも多く、そのころは私はジョーダンが大好きだったので、そのころコービーは大嫌いでした


ですが、マイケルジョーダンに憧れて憧れて、大金を手に入れた後も毎日朝4時半には体育館にいて、基礎練習を欠かさずに、誰よりも誰よりも努力して、レジェンドになりました。


最初は大嫌いでしたが、私の1億倍ジョーダンが好きで、努力をする彼を見ているうちに、いつしか大好きな選手に変わりました。


近年は年齢による衰えが顕著で、それなのにNBAで一番給料をもらっていることに批判されていましたが、それでも


「俺はナンバーワンの選手だ」


というプライドを持ち続け、どんな批判にもめげずに戦い続けたのです。


今シーズンも全く調子が上がらずに批判され続けていた最中、突如の今シーズン限りの引退宣言。


その後は、コービー嫌いの敵地のファンも、選手も、メディアも、コービーの最後のシーズンをしっかり見届けようと、一気にコービー頑張れの空気に変わりました。


今年のオールスターのファン投票もダントツのNBA第1位。


来週末にあるオールスターは、バスケットファンにとっては思い出の試合になります。


そんなコービーが、昨日は昔のコービーのように大活躍して、チームを勝利に導いてくれたのです。


コービーの言った言葉で一番好きな言葉がこれです。


"If you do not believe in yourself,no one will do it for you"
「自分で自分を信じれないやつを、誰が信じれるんだ。(自分を信じろ!!)」


バスケットの神様、マイケル・ジョーダンには追いつけなかったですが、それでもそれにほとんど並ぶような偉業を達成しました。


ジョーダンよりも垂直跳びが30センチも低くしかジャンプできなかったのに、5度の優勝、ジョーダンもなし得なかった1試合81得点という、信じられないことをやってのけました。


清原のニュースなんて見てるよりもよっぽどコービーを見て欲しいです。


黄色いユニフォーム、ジョーダンの背番号23に1を足した24番、ロサンゼルスレイカーズのコービー・ブライアントです。
https://www.youtube.com/watch?v=O_ZqpQMx_sQ

0 件のコメント:

コメントを投稿