2016年3月2日水曜日

こいこい

今日は名古屋にいます。


岐阜のナショナルブランドの関連会社の社内会議に出席する道中の電車内で、岐阜の小学生たちが


「プライドにかけて負けないぞ」


と言って、なんと花札をやっていました。


いまどきの小学生も花札なんてやるんですねー。


とても驚きました。


しかもプライドをかけて。


-------------------------------

最近私が知ったのがこのプライド、自尊心についてです。


先日この自尊心についての心理テストをやってみました。


ネット上には、たくさんの心理テストが落ちていますが、私は下記の自尊心テストをやってみました。


http://test.jp/guestSurvey/input/id/22


自信満々でやったのですが、結果は40点満点中10点。。


うちのスタッフにもやってもらったのですが、私はその人のほぼ3分の1の点数でした。


私はプライドが高い人間だと思っていたのですが、そうではなく、むしろプライドが人より相当程度低い人間なのだそうです。


この心理テストによると、

---------------------------------------

「自尊心が高い人」というのは、わがままで、他人のことはどうでもよく、自分勝手ということでは決してありません。」


「自尊心を高く持つということは、自分の欲求と、他人の欲求をともに尊重し、バランスをとっていくことなのです。


「自分の欲求ばかり主張して人を思いやらない人、または他人の欲求を満たすためにいつも我慢している人は、自尊心が高いとは言えません。」

---------------------------------------

なんだそうです。


自尊心っていう定義についての誤解です。


店長さんや社長さんとお話ししていると、自分を追い込んでおられてプライドにかけてやってやるという意気込みの方多いですが、意外とそれは間違いで自尊心が低いのかも。


自尊心が低いと、自分への理想が高く、自分がダメだと思い、責めてしまい、壊れてしまうんだそうです。


ネットショップは端から見るといまどきの派手なビジネスなように見えますが、実は地味でコツコツと単純作業を繰り返さなければならない、とても大変なお仕事であることを私は知っていますし、それに真剣に取り組まれていることをとても尊敬しています。


あまり理想を高く持ちすぎず、いい意味での自尊心を持って、誇りを持って日々の業務に取り組んでいただきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿